たき火~詩・ひとりごと

そのゆらめきは妖しくも優しい

生きる

f:id:Namitaro:20150608024726j:plain

生きる理由がほしいなら
自分で作らなくちゃいけないよ
みんな必死で探し出して
後生大事に抱えてる
 
あの人の笑った顔が見たいなら
自分で笑わせなくちゃいけないよ
じゃなきゃあの人は離れてゆき
手には余韻しか残らない
 
目に映るものすべてが下らなく思えたら
全力で飛び込んでいかなくちゃいけないよ
頭でなく感情で理解すれば
見える景色もあるだろう
 
あの人が別のだれかと笑っていたら
ぼくも笑っていなくちゃいけないよ
だれかを独占したいという気持ちが
傲慢以外の何かであるはずもなく